So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

艦橋です。 [フジミ CV-63 キティホーク]

艦橋には、たくさんの衛星アンテナが付いてます。

艦橋の前方に大きな球体のアンテナがありまして、
キットにもパーツがあります。
パーツは張り合わせて作るのですが、きれいな球体
になりませんでした。

いびつな形ではちょっといやでしたので、スチールボール
に置き換えました。
せっかくなので、他の小さめのアンテナも置き換えてみました。
817.jpg
818.jpg
球体でないアンテナもありまして、海上自衛隊の護衛艦で見慣れて
いるアンテナもあります。

こちらの形態の物は、アクリル棒から削りだしてます。
819.jpg
艦橋に1箇所、本体にも2箇所、このアンテナを追加しました。

ひきつづき、艦橋に手を加えていきます。

使用感のある汚しのイメージです。 [フジミ CV-63 キティホーク]

ラッカー系の基本塗装の上にエナメル塗料、パステルで汚しを
入れてますので、まだふき取り可能な状態です。

甲板のマーキングデカールを貼る前に、シルバリング防止のため
表面を光沢にしましたので、まだ表面がテカってます。
色調がうまく出にくい状態ですが、雰囲気は伝わると思います。
808.jpg
809.jpg
810.jpg
811.jpg
812.jpg
813.jpg
814.jpg
815.jpg
816.jpg
甲板後方にアレスティングワイヤーのモールドがあったのですが、
エッチングで合うものがありましたので、削ってあります。
エッチングが届きましたら、取り付けます。

このあとは、甲板周りをいじりつつ、艦橋の作りこみをしていきます。

基本塗装だいたい終わりました。 [フジミ CV-63 キティホーク]

甲板の塗装後、デカールを貼りました。
普段は甲板のマーキングは塗装で塗り分けますが、
今回のはさすがにデカールですね。
802.jpg
803.jpg
804.jpg
805.jpg
806.jpg
807.jpg
もうこの辺りから甲板から下部分は、仕上げていかないと
だめですね。
甲板の縁部分にどんどんパーツが付いていきますので、
甲板から下は手が入れられなくなります。

甲板から下は、もう少しいじってから汚し塗装を入れていきます。
その後、甲板表面の汚し塗装をしていきます。

艦橋周辺を作ってます。 [フジミ CV-63 キティホーク]

艦橋の窓明けをして、透明シートを着色して
入れてあります。
799.jpg
800.jpg
資料写真を見てますと、窓ガラス
青みがかった緑というイメージでしたので
こんな感じです。
801.jpg
艦橋周辺はもう少しエッチング、パーツを付けて
いきます。

船底はこんな風です。 [フジミ CV-63 キティホーク]

船底の面処理をして、残りのパーツを
つけていきました。
794.jpg
795.jpg
796.jpg
先端部分の形状は、これくらいかなあと。
797.jpg
スクリューの羽根は5枚みたいですので、プラ材で
作ってみました。
左右でひねり方向が違っていたような気がしましたので、
作り分けてます。
798.jpg
あとは順次キットパーツを付けていきながら、形に
していきます。

こんな風に作っていきます。 [フジミ CV-63 キティホーク]

底を作っていくために、ゲージになるよう
横方向に桁を付けました。

表面に細切りプラ板を貼り付けていきながら、
形作っていったところです。
788.jpg
789.jpg
790.jpg
艦首部分を残して、貼り終わった様子です。
791.jpg
792.jpg
793.jpg
艦首部分は、微妙にRを付けながら形を作っていきます。

その後表面処理をしていき、表面にいろいろ付けるものが
ありますので、その部品を作りながら貼り付けていきます。

キティホークです。 [フジミ CV-63 キティホーク]

フジミのキティホークです。
785.jpg
全体像が見たかったので、とりあえずおおまかな
部品を付けて形にしてます。
786.jpg
787.jpg
このキットはウォーターラインのキットです。
フルハル仕様にするための工作をしていきます。

喫水線下の形体をを把握するために、いろいろ
資料になりそうな写真を見ておりました。

だいたいの比率がこのくらいかなという感じです。
これから横幅方向に桁を入れていきます。

AT-STできました。 [MPC AT-ST]

779.jpg
780.jpg
781.jpg
782.jpg
783.jpg
784.jpg
帝国の逆襲バージョンの軽快なかんじが
やっぱりいいです。

脚できました。 [MPC AT-ST]

脚を作り終えました。
773.jpg
774.jpg
775.jpg
776.jpg
シンプルなようで以外に凝った造りになってました。
爪部分もボールジョイントと軸を入れたので可動できますが、
ポーズをきめてしまいますので自己満足です。

全体像です。
777.jpg
778.jpg
軸を固定させてないので、支え棒をそえてます。

ぼちぼち塗装をしつつ、仕上げに入っていきます。

胴体はこんな感じで。 [MPC AT-ST]

胴体部のパーツ、ほぼ付けました。
766.jpg
767.jpg
768.jpg
769.jpg
770.jpg
771.jpg
資料を眺めているときに気がついたのですが、胴体裏側前方に
防弾板状のものがあってどこかで見た覚えがありました。

MPCのAT-ATを何体か作りましたが、AT-ATのおしりに同じ
ものがあります。
まったくいっしょですね。

そのときにあまっていたパーツを試しにAT-STにあてがってみましたら、
サイズがぴったりでした。ラッキーでした。

頭部をはめた様子です。
772.jpg
頭部と胴体の間には、けっこうパイピングがあります。
ポーズをきめてからでないと、はわせられないので
まだ付けておりません。

続けて、脚を作っていきます。
前の10件 | -