So-net無料ブログ作成

タイファイター完成です。 [バンダイ ビークルモデル]

626.jpg
627.jpg
628.jpg
629.jpg
630.jpg
631.jpg
632.jpg
633.jpg
やっぱりタイファイターは、1期より3機変体が似合います。

ビークルモデルは複数機並べても場所をとりませんので、
非常に良いです。

工作作業はだいたい終わりました。 [バンダイ ビークルモデル]

コクピット内を作りましたので、照明を付けました。
622.jpg
パイロットA
623.jpg
パイロットB
624.jpg
ベイダー卿
625.jpg
照明の明るさが明るすぎますが、あとで調整します。

このあとは、塗装に入ります。

ひさびさに息抜きタイムです。 [バンダイ ビークルモデル]

バンダイのビークルモデルのタイファイターです。
617.jpg
あいかわらず大人気ないモールドがはいってます。
色を塗っただけで、誰でもかっこいいのができます。

とりあえず、窓を抜いてしまいました。
618.jpg
中が丸見えになってしまったので、コクピットを
簡単にですが作りました。
619.jpg
パイロットが乗っていないとさみしいので作りました。
620.jpg
ベイダー卿です。
621.jpg
なんだかよくわからない感じですが、小さすぎてきついです。

このシリーズは、気軽に作るのにはもってこいです。

ネルソン、できました。 [イギリス海軍]

610.jpg
611.jpg
612.jpg
613.jpg
614.jpg
615.jpg
616.jpg
ウォーターラインで作ることがほとんどですので、フルハル
で作るのは新鮮です。

だいたいパーツを付けました。 [イギリス海軍]

9割ぐらいパーツを付け終わりました。
606.jpg
607.jpg
608.jpg
609.jpg
このあとは、汚し塗装、仕上げに入ります。
もう少しですね。

メイン部分の迷彩塗装が終わりました。 [イギリス海軍]

1943年仕様の迷彩塗装をしました。
599.jpg
600.jpg
601.jpg
602.jpg
603.jpg
604.jpg
605.jpg
ここからはどんどんパーツを付けていきます。

ネルソンの塗り分け作業をしております。 [イギリス海軍]

甲板は塗り終えました。5~6色で塗り分けてます。
次に甲板上の突起物を塗りますので、突起物以外の
部分をマスキングしました。
598.jpg
この作業は結構手間がかかります。
最近は慣れましたので、淡々とマスキングテープを貼ってます。
596.jpg
597.jpg
今回はフルハルなので、船体側面の面積が結構あります。
間延びしないように、継ぎ目の表現をしておきました。

サーフェイサーの厚塗りと、スジボリをしてます。
派手にならないように、かなり控えめにしました。

この後は、迷彩塗装をしていきます。

いず を作ってました。 [海上保安庁]

ピットロードの巡視船いずです。

今回で3回目ぐらい作ってます。
キットのできも良いですし、何か好きなデザインで
年に1度は作ってしまいます。
590.jpg
591.jpg
592.jpg
593.jpg
594.jpg
595.jpg

エッチングをだいたい組み終わりました。 [イギリス海軍]

真鍮砲身にしてます。
584.jpg
マスト、クレーンです。
585.jpg
機銃です。
586.jpg
フルハルへの改造です。

パテ盛りは必要最小限にしたかったので、なるべく
プラ材ですませました。
587.jpg
588.jpg
589.jpg
エッチングは7割ぐらい使ったところです。

ぼちぼち塗装に入ります。

ネルソンを作ります。 [イギリス海軍]

タミヤのネルソンです。
579.jpg
迷彩仕様で仕上げますので、塗装に支障が無いところまで
エッチングを付けていってます。
580.jpg
581.jpg
582.jpg
迷彩塗装の場合、マスキングテープでマスキングしながら
塗っていきますので、細かいパーツ、エッチングを付けて
しまいますと非常にじゃまになります。

今回のネルソンは、他社メーカーの姉妹艦のフルハルキット
から流用してフルハルに仕上げます。
583.jpg
少々全長とか合いませんが、切り貼りしてタミヤ側に合わせます。

もう少しエッチングの機銃、マスト関連を作ってしまいます。