So-net無料ブログ作成
検索選択
バンダイ、MPC A-wing ブログトップ

完成しました。 [バンダイ、MPC A-wing]

190.jpg
両方とも汚して、完成しました。

まずは、バンダイ版から
191.jpg
192.jpg
193.jpg
194.jpg
195.jpg
最新版のキットだけあって、そのまま仕上げても
十分です。
ちょっとだけ手を入れて、電飾しました。

次は、MPC版です。
196.jpg
197.jpg
198.jpg
199.jpg
200.jpg
MPCのキットは、今回で3個目です。
昔のキットですが、味があってわりと気に入ってます。

塗り分け完了です。 [バンダイ、MPC A-wing]

188.jpg
189.jpg
バンダイ、MPC両方とも塗り分けが終わりました。
この後、汚していきます。

MPC版のパイロットです。 [バンダイ、MPC A-wing]

185.jpg
キット付属のパイロットです。
何か宇宙飛行士みたいな感じです。
186.jpg
こんな感じで作ってみました。
187.jpg
キット付属のキャノピーはスモークがかってたので、塩ビ板の
ヒートプレスで作り直しました。

MPC版もこの後塗装に入ります。

バンダイ版のパイロットです。 [バンダイ、MPC A-wing]

181.jpg
キットに付属のパイロットです。
182.jpg
自分的には、このくらいのサイズがしっくりくるのですが。

パイロットを大きくしてしまうと、設定スケールがおかしくなってしまうのですが、
イメージ優先で作ります。

次は塗装に入ります。

バンダイ版の工作です。 [バンダイ、MPC A-wing]

173.jpg
175.jpg
LEDと光ファイバーの取り付けをしました。

バンダイのキットの特徴として、ガンプラで技術をみがいた
接着剤いらずで色塗りしなくてもみれるというところがあります。
そのため内部構造が複雑怪奇になってます。
MPCとかの通称モナカキットのように、中がスカスカであれば
LED、光ファイバーの設置が楽なんですがバンダイのキットは
たいへんです。
必要最小限の面を残し、削りまくりました。
174.jpg
エンジン内部のLEDは、後の遮光処理のことを考えて工作
楽なアクリル棒に設置してます。
176.jpg
177.jpg
178.jpg
レーザー砲は真鍮パイプ、真鍮線を使って少し置き換えてます。
エンジン後方のリング内のギザギザが足らなかったので、追加
してます。

本体の大まかな工作は終わりましたので、パイロットを作ります。

とりあえず、MPC版です。 [バンダイ、MPC A-wing]

168.jpg
MPCの方が改修箇所が多かったので、こっちから
作ってました。
おおまかな所は終わりました。
後は細かい所を作り込みます。
169.jpg
裏のエアインテークをすっきりと作り替えました。
170.jpg
171.jpg
メインエンジン後部のリングアルミパイプ、洋白角線、プラ棒で
作り替えました。
サブエンジンもかなり手を加えました。
172.jpg
レーザー砲も真鍮パイプ、真鍮線でシャープにしてます。

LEDの工作もすでに終えて、内蔵させてます。
次はバンダイ版に手を付けていきます。

A-wingの製作開始です。 [バンダイ、MPC A-wing]

162.jpg
163.jpg
バンダイのA-wingを作ろうと思いましたが、ついでなので
MPCのA-wingも同時製作いたします。
164.jpg
左側のMPCの方が、大きいです。
MPCのキットは機体表面のラインが凸モールドですので、
スジボリしなおして凹ラインにしました。
165.jpg
MPCのキット後部です。
サブエンジンのような部分がプロップ写真とかなり
違うので、シャープな感じになるように手を加えてみます。
あとメインエンジン後部のリングはすでにカットしてますが、
金属パイプで作りなおします。
166.jpg
バンダイのキット後部です。
さすがに最新のキットですので、いい感じです。
リングの内側が気になるので、少しいじります。
167.jpg
バンダイのキットですが、パイロットがプロップ写真で見るより
小さく見えます。
イメージ重視で、もう少し大きめのパイロットを乗せるつもりです。


バンダイ、MPC A-wing ブログトップ