So-net無料ブログ作成
検索選択
レベル Star Destroyer ブログトップ
前の10件 | -

レベル スターデストロイヤー、できました。 [レベル Star Destroyer]

721.jpg
722.jpg
723.jpg
724.jpg
725.jpg
726.jpg
続いて、電飾モードです。
727.jpg
728.jpg
729.jpg
730.jpg
731.jpg
732.jpg
レベルのキットですが、好みの問題でスジボリモールドがきついかなって
いう以外はとてもいいキットです。

あえてMPCのキットを選ぶ必要性はないかと。
ぼくはMPC育ちですので、愛着がありますが。


光ファイバー、仕込みました。 [レベル Star Destroyer]

光ファイバーの仕込み作業は、何度やっても集中力がいります。

油断しますとドリル刃は簡単にポッキリいきますし、0.3mmの
穴に0.25mmのファイバーを通すのもなかなか集中します。
716.jpg
717.jpg
718.jpg
719.jpg
720.jpg
何個の穴を開けたのかは数えたことはないのですが、前回MPCのを
作った時に光ファイバーが150mぐらい使ってましたので、今回は190m
ぐらい用意してました。
途中で「足りるかな?」って思いましたが、少々残りました。
180mぐらい使ってるのではと。

ドリル刃も1本折るだけで済みました。

ぼくの場合は取り回しを短めにとりますので使用量は少なめ
ですが、人によっては200mは簡単に使うと思います。

ようやく細々とした作業が終わりましたので、あとは楽しみながら
進めていきます。

艦橋上部です。 [レベル Star Destroyer]

艦橋の残りの部分を作りました。
708.jpg
709.jpg
710.jpg
711.jpg
天辺のドーム状の部分ですが、多面体でできてます。
キットでも多面体にはなってますが、何かのっぺりとしてます。
ここはシャープに作りますと、艦橋がしまって見えますので、
表面にプラシートを貼ってやりました。

本体にはめた状態です。
713.jpg
714.jpg
715.jpg
一応これで外部工作はほぼ終わりました。

このあとは、内部工作にはいります。
塗装もしつつ、LED,光ファイバーを仕込んでいきます。

艦橋基部です。 [レベル Star Destroyer]

艦橋の下部ができました。
698.jpg
左側です。
699.jpg
キットのモールドはプロップの雰囲気が十分出ているようで、
このまま塗装、墨入れでもよさそうです。

もう少しメリハリが出るように、プラ板等で追加工作をしてます。

右側です。
700.jpg
キットでは、左右対称のモールドが入ってます。
プロップでは、右と左ではかなりイメージが違いますので、その
雰囲気が出るように追加工作しました。

後部です。
701.jpg702.jpg
キットのままですと、フラットな見え方がしますので、もっと張り出し
具合を強調してみました。

上部です。
703.jpg
キットではモールドがほとんど省略してありますので、かなり
追加工作してあります。

本体にはめた状態です。
704.jpg
705.jpg
706.jpg
707.jpg
あとは、艦橋上部の工作をしていきます。

本体の工作、だいたい終わりました。 [レベル Star Destroyer]

本体の表面モールドを貼り付けました。
693.jpg
694.jpg
695.jpg
696.jpg
697.jpg
もともとこのキットの表面には、しっかりとしたスジボリが
全面に入ってました。
自分の好みではなかったので、申し訳ありませんがパテで
薄っすらと残る程度にしました。

このあとは、艦橋の工作をしていきます。

LED工作です。 [レベル Star Destroyer]

本体の側面ですが、スポットライトのようにほのかに明るくなっている箇所が
あります。
その感じを出すために、チップLEDを埋め込みました。
689.jpg
MAXの明るさで点灯した所です。
690.jpg
イメージ的な雰囲気で
691.jpg
692.jpg
側面のメカ部分を奥まったように作り直したのには、このような
ちょっと奥まった光加減を出したいということもあります。

実際は光ファイバーを仕込んでからバランスを見ますので、もう少し
明るさを絞り込むと思います。

次は、本体の表面モールドを追加していきます。

係留ポートです。 [レベル Star Destroyer]

686.jpg
687.jpg
688.jpg
キットのパーツで十分いい出来です。

ここはLED照明を仕込みますので、明かりの入り口
必要です。
パーツを面ごとに5分割して、底面を少し深い位置に
固定して隙間を作りました。

あとは金属線等でパイピングして、アームも作りました。

次は、本体側面に工作する箇所がありますのでそこの
作業です。

後部の工作、ほぼ終わりました。 [レベル Star Destroyer]

下部です。
679.jpg
中央部分のモールドですが、キットのままで十分と思いまして
そのままです。
いじろうと思えばいじれますが、基本キットの味を生かす方向で
製作してますので、その他の部分もそのままにしている所は結構
あります。

上部です。
680.jpg
キットでは上下とも同じモールドが入ってます。
同じようで上部はモールドが異なる部分ありますので、
それなりにパーツを付けております。

メインノズルです。
681.jpg
キットのパーツのリング状の部分を切り離して、すきまが
開くように工作しました。
LEDで点灯した時に横から見ますと、光がもれていい感じに
なります。
手間はかかりますが、自分の中では必須工作です。

一通りパーツを付けてみました。
682.jpg
683.jpg
684.jpg
685.jpg
追加工作したパーツは、ノズルを付けますとほぼ見えなくなります。
まあ、チラッと見えればよいかなと。

本体の縁部分ですが、フラップ状の物が付いてます。

プロップでは、その縁にスリットが2本入っております。
それを再現するために、プラ板で1mm,0.5mm幅の
短冊状の物を切り出して、交互に5枚サンドイッチしました。
そうすれば、2本スリットが出来ますのでそれを貼り付けました。

あと、そのフラップ状の物と本体の継ぎ目にジョイントアームの
ようなパーツがありますのでプラ板、プラ棒でそれなりに追加してます。

このあとは、係留ポート部分をいじってみます。

レベルです。 [レベル Star Destroyer]

レベルのキットもMPCと同じように、側面のメカを
貼り付けました。

最初の工作でもともとの側面のメカモールドを削り落としましたが、
それもちゃんと再利用しました。
いくぶん貼り付け作業が楽になったような気がします。
676.jpg
677.jpg
678.jpg
MPCの方はまだまだ長丁場ですので、こちらの方を
先に形にしていきます。

こんなイメージでやっていきます。〔レベル編〕 [レベル Star Destroyer]

切り抜いたパーツを元の位置にもどして、全体像が
見えるようにしました。
541.jpg
542.jpg
544.jpg
艦橋部分です。

首の所は少々いじってます。
横から見た時の前後幅を広くしてます。

頭の部分は横から見たときに、気持お辞儀をしてる感じ
にして、位置はちょっとだけ低くしてます。
543.jpg
上面の薄いパネル状のモールドを、プラペーパーを貼って再現
してます。
546.jpg
下面には余分な大きめのモールドが2箇所ありましたので
削り取り、せっかくのスタンドギミックですが埋めてしまいました。
545.jpg
このあとは、細かいところをつくりこんでいきます。
タグ:模型製作
前の10件 | - レベル Star Destroyer ブログトップ