So-net無料ブログ作成

続デススターⅡ。 [バンダイ ビークルモデル]

続けてデススターです。

前回の分では、光らせたい面ごとに細かくチップLEDをセット
しましたので結構な数を仕込んでました。

今回はある程度効率よくLEDを仕込んでいきます。

前回の一部に試していたのですが、透明プラ板を利用していきます。
赤道付近に透明プラ版を配置して、それ越しにLEDを点灯しますと光が
拡散していい感じに光ってくれました。

今回はできるだけ透明プラ板を詰めてみました。
1621.jpg
このよう積層で形作ってます。

パーツに仕込んで点灯した様子です。
1622.jpg
1623.jpg
外装を簡単に被せた様子です。
1624.jpg
この外装に穴を開けていけば、穴が光ってくれます。

前回のもののLEDは電球色の薄い色の物を使いましたが、今回は
白色系と電球色の薄いものを併用していこうかなと思ってます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

デススターⅡです。 [バンダイ ビークルモデル]

バンダイのビークルモデルのデススターです。

バンダイからデススターがでると聞いてうれしかったのですが、小さいです。
小さいけど、出来はいいです。

この倍ぐらいあれば納得のいくまで作り込めそうなんですが。

とりあえず、こんな感じです。
1612.jpg
1613.jpg
1614.jpg
1615.jpg
表面の塗装は、マスキングによる5色ぐらいの塗り分けをしてます。
艦船模型の甲板塗分けの要領です。

続いて、点灯した様子です。
1616.jpg
1617.jpg
1618.jpg
1619.jpg
1620.jpg
もっと繊細な光り方が理想ですが、物理的にきついです。
小さな光点にするには、パーツを透明化して遮光処理をして光らせたい
箇所を針でつついて光点を作るぐらいかなと思います。

点灯させるには普通、光ファイバーを使います。
一般に入手できる光ファイバーの一番細いものが直径0.25mmです。

今回のデススターにはちょっと光点が大きすぎますし、ある程度満足する
ファイバーを仕込むには内部のスペースがきついです。

仕方がないので、パーツに穴を開けて内側からLEDで照らしてみました。
この場合でも一般に入手できるドリル刃は直径0.3mmで、ちょっと穴が大きくなります。
直径0.2mmの刃を使ったこともありますが、とてもピンバイスで回せるレベルではないです。

光ファイバーを使えばLEDの数は少なくてすみますが、今回はチップLEDをかなり
仕込みました。

次回はいかに効率よく光らせるかで作ってみます。
nice!(1)  コメント(0) 

こんな感じです。 [Deagostini ミレニアムファルコン]

とりあえずこのくらいのイメージでどうかなと。
1604.jpg
1605.jpg
1606.jpg
1607.jpg
1608.jpg
1609.jpg
1610.jpg
1611.jpg
このファルコンのもとになったプロップはけっこう汚しがきつめ
ですので、なるべく合わせております。

しばらく眺めながら気になるところは描き込みますが、仕上がりの
イメージはこのようになります。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

息抜きタイムです。 [バンダイ ビークルモデル]

バンダイのビークルモデルのY-ウィングファイターです。

キットをそのまま組みますと、ゴールドリーダー仕様になります。
今回はゴールド2仕様にしてみました。
1593.jpg
1594.jpg
1595.jpg
1596.jpg
フロアーライトを点灯させたところです。
1597.jpg
1598.jpg
1599.jpg
コクピット、エンジンを点灯させた様子です。
1600.jpg
1601.jpg
全てを点灯した様子です。
1602.jpg
1603.jpg
ビークルモデルは小さいので、基地内を再現するのにも向いて
います。
複数機並べて、ごちゃっとさせたいですね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

組み立て、塗分け作業は終わりました。 [Deagostini ミレニアムファルコン]

下面のガンポートを取り付けました。
1577.jpg
1578.jpg
1579.jpg
上下面のレーザー砲は、3Dプリントパーツに替えてます。

下面はこれで完了です。

続けて側面、上面部の作業に移ります。

エンジン部の格子状のカバーですが、エッチングを使いました。
1580.jpg
点灯させた様子です。
1581.jpg
上面後方のエアベントは3Dプリントパーツを使いました。
内部にファンを入れてますので、カバーの格子越しに透けて見えます。
1592.jpg
側面部ですが、現在のプロップには撮影時の時に付いていたパーツで取れて無く
なっている物が結構たくさんあります。
3Dプリントパーツでその無くなってしまったパーツセットが出てますので、使って
見ました。

縁に付いているのがそうです。
1582.jpg
1583.jpg
1584.jpg
1585.jpg
写真には写ってませんが、上面縁裏側にも多数追加してあります。

パーツセットで用意されてないものでも、確認できるものはできるだけ自作で
付けてます。(側面に限らず上面に渡って)

上面部のガンポートも付けました。
1586.jpg
1587.jpg
コクピット側面部に赤いライトが2個あるようですので、再現しておきました。
1588.jpg
コクピットを点灯した様子です。
1589.jpg
電飾の配線をすべて繋いで、点灯チェックをしました。
問題ないようです。

これですべてのパーツの取り付けは終わりです。
上面を全体的に軽くスミ入れをして、見た様子です。
1590.jpg
1591.jpg
このあとは、デカール貼り、ダメージ痕の再現、段階的に汚し塗装を
やっていきます。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー